レンガ通りにありそうなお店をイメージ。
クラシカルな中に可愛らしさのある「Brick Alley」。

長い年月を経て温かみのある風合いになったレンガ通り。
味わいがあり落ち着いた雰囲気が漂う街並みには、
おしゃれなセレクトショップやモダンなレストランが並んでいたり…
そんな通りは奥行きが深く、
何か思いがけないものやお気に入りのグッズに出会えそうです。

私たちは、イラストを重視した
オリジナリティの高いブランドを作りたいという思いがありました。
これまでにもメインモチーフをイラストにしたブランドを
開発してきたのですが、
GreenFlashならではの世界をもうひとつ作っていきたいと考えていたのです。

また、このところハンドメイド市場が活気づいています。
個人の感性を生かしてひとつひとつ手作りで仕上げていく
クラフトアートは、イベントやフェスタなどで人気を博しています。
今、求められているのは唯一無二の本物であり、
高い作家性のある商品なのではないかと感じていました。

イラストを重視したブランドのテーマを検討する中で
浮かび上がってきたのが、
「ヨーロッパにありそうな歴史が息づくレンガ通り」です。
長い時を経たレンガ通りのお店には、
手仕事でコツコツと魅力あるものを作り上げているアルチザンがいそうで、
本物が求められるトレンドとも感覚的にマッチします。
「Brick Alley」はレンガ通りにありそうなショップをイメージして
開発をスタートしました。

Fotolia_130552432_S.jpg

メインモチーフとして選んだのは
「アジ」「キツネ」「クマ」「リス」の4種で、
これらのキャラクターにはそれぞれショップのイメージがあります。
「アジ」…マリン系のセレクトショップ
「キツネ」…カフェ
「クマ」…ベーカリー
「リス」…本屋

BA_memo.jpg

イラストは、ショップイメージも含め
シャーペンを使って繊細な線を重ねながら、丹念に描き起こしています。
商品デザインに展開する時にアンティークなピンクやブルー、グリーン、
柔らかみのあるブラウンを加えることで、
全体に渋くなりすぎず、甘くなりすぎないテイストに仕上げました。

BA_kaiteru.JPG

第一弾としてメモパッド・スクエア、スティッキーブック、
ミニレター、マスキングテープ、チケットホルダー、
ペンケース、トートバッグと7アイテムが登場しました。
ミニレターは「ほそおり」というエンボス加工を施した表面感のある紙を使い、
風合いやテクスチャーも大切にしています。
また、トートバッグは印刷にこだわり、細かな線まで再現しました。

BA_syugo.JPG

BA_ticket.jpg

BA_maste.jpg

渋さの中に甘さが漂い、どこか不思議な味わいのある「Brick Alley」。
あなたも、いつものステーショナリーに取り入れて楽しんでみませんか。









この記事をシェアする。
この記事をfacebookでシェアする