ユーモラスだけど、どこかシュール。それでいて可愛らしい。
絶妙なバランス感覚が魅力の
GreenFlash×PLANTERコラボステーショナリー登場!

今、インターネットではハンドメイドのサイトが人気を集め、
さまざまな地域でハンドメイド作家が参加する
アートイベントが開催されています。
そんなイベントのひとつ「デザインフェスタ」は
オリジナル作品であればプロ・アマチュア問わず参加でき、
多くの個人作家さんが出展しています。
どなたでも入場でき、気軽に楽しめるようになっています。

私たちが「PLANTER」さんと出会ったのは、この「デザインフェスタ」でした。
「PLANTER」さんは
イラストレーターであるイケシタコウヨウさんが主宰するブランドです。
「ちょっともの足りない日々をスペシャルに」をコンセプトに、
身につけたり、そばに置きたいグッズを手掛けていらっしゃいます。
「PLANTER」さんが生み出しているプロダクト全体を目にして、
私たちとアート性が合うと感じました。
その作品の中でも
キツネとタヌキのイラストにインスピレーションを刺激され、
何かおもしろいものを一緒に作れたらいいなと思いました。

ステーショナリーを生産するには専用の機械を動かすため、
ある程度まとまった数が必要になります。
また、生産手段の選定や手配、売り場の確保など
多彩な企業様とのつながりや進行のノウハウも必要とされます。
逆に言えば、私たちが生産に関して全面的に受け持てば、
個人作家である「PLANTER」さんのステーショナリーが実現します。
デザイン面は共に開発していくことを取り決め、
「PLANTER」さんとGreenFlashのコラボ企画がスタートしました。

04.jpg

「PLANTER」さんのイラストは
ユーモラスでありながらどこかシュールな雰囲気が漂い、
それでいて可愛らしく和ませてくれます。
その独特の味わいを生かしながら、
GreenFlashのステーショナリーとして仕上げていくにはどうすればいいのか。
「PLANTER」さんと共に試行錯誤し、
たくさんの意見をぶつけ合いたくさんの案を出し合った結果、
最初にひらめきを感じたキツネとタヌキのイラストに戻ったのです。
この2つから世界を広げていくことに決め、
ウサギ、フェネック、チーター、オオカミを新たに描き起こしていただき、
6種の動物をモチーフにすることにしました。

PT06.jpg

今回登場するのは、
「グリーティングカード」と「ミニレターセット」の2アイテムです。
可愛いけれどスタイリッシュ、
優しいけれどクールなニュアンスのあるイラストを
柔らかみのある中間色を効果的に使って商品に展開しました。

PT02.jpg

グリーティングカードは
イラストの持ち味を生かすため、
モチーフの形に沿って切り抜くダイカットタイプにしました。
裏面は後ろ姿になっているのも可愛いこだわりポイントです。
また、カードを立てて飾ることもでき、
インテリアのポイントなどに使えば、空間をちょっと和ませてくれます。

PT01.jpg

ミニレターセットは、便箋の紙にこだわっています。
片面はホワイト、片面は茶系の風合いのよいクラフトペーパーを使って
どこかほのぼのとしたイラストを引き立てました。
封筒にはそれぞれのモチーフを同系色であしらい、楽しくアレンジしています。

紙の選定、色使いやトリミングにこだわることで、
「PLANTER」さんの魅力的なアートが
甘すぎずカッコよすぎない
気持ちのよいデザインステーショナリーに仕上がっています。

PT03.jpg

私たちは社内でのデザイン、制作を基本としていますが、
個人作家さんの作品をGreenFlashらしく仕上げていくのもやりがいがあり、
機会があればもっとチャレンジしていきたいと考えています。


この記事をシェアする。
この記事をfacebookでシェアする